大阪天満宮の神前挙式

神前式の舞台となる梅花殿と渡殿。厳かな儀式の場にふさわしくすべてが凛とした空気につつまれています。平安の雅ゆかしくお二人の幸福の門出を飾るとともに、心地よい緊張感をあたえてくれます。

梅花殿[ばいかでん]

平安朝建築様式の梅花殿。ご親族・ご媒酌人様を始め、ご同僚やご友人にもご列席いただくことができ、大勢の優しいまなざしに見守られ、粛々と婚礼の儀は進行します。美しい琴の音色がお二人を祝福します。

明治四十三年伊勢神宮より遷宮の古材を拝領し、当初は貴賓殿として計画されましたが、昭和三年より「梅花殿」と改称し儀式殿となりました。構造は平安朝寝殿造り、殿内は書院造りになっています。