大阪天満宮の神前挙式

神前式の舞台となる梅花殿と渡殿。厳かな儀式の場にふさわしくすべてが凛とした空気につつまれています。平安の雅ゆかしくお二人の幸福の門出を飾るとともに、心地よい緊張感をあたえてくれます。

渡殿[わたりどの]

挙式が済むと親族とともに「渡殿」を渡って本殿へ進みます。二人の誓いを奉告参拝する大切な儀式、天満宮ならではの伝統と格式、比類なき高潮のひとときです。

本殿へ結婚式の奉告に向かう「渡殿の儀(わたりどののぎ)」は、挙式後、新郎新婦が門出の道を初めてふたりそろって歩む神聖な儀式です。